東江電気工事様

お客様の声 東江電気工事様 チリメーサーミニ(YouTube動画版)

 

景観と台風に強いまちづくりに貢献する東江電気工事が、「チリメーサーMini 連続投入型」を導入‼️

2021年6月、沖縄本島中部の嘉手納町で電気工事業を営む(株)東江電気工事(東江清降社長)は、(株)トマス技術研究所が発明、開発した超小型焼却炉「チリメーサーMini連続投入型」を導入。稼働して約5カ月を迎え東江社長にお話を伺いました。

(株)東江電気工事(東江清降社長)

廃棄できないゴミが現場に溜まって困りはてていた。焼却処分しかない

東江社長日く 「電気工事で出る高圧部品やケーブルのジョイント部分などは、銅線やプラスチックなどさまざまな素材でできているため、そのままでは産廃業者も引き取ってくれない。かといって社内で分解するには相当な手間がかかってしまう。そのため、廃棄できないゴミが現場に溜まって困りはてていた。焼却処分しかないと思っていた」 とのこと。電気工事の廃棄部品の処分で困りはてていたようです。

電気工事で出る高圧部品やケーブルのジョイント部分など

民家が近いので煙が出ないこと。ダイオキシンが発生しないことが大前提

「インターネットなどであれこれ調べたが、一番困るのは民家が近いので煙が出ること。当然、ダイオキシンが発生しないことが大前提になるし、高温でないと燃えない素材もある」 「5年ほど前から、目をつけていたチリメーサーはそれらすべての条件をクリアできる。これなら、と確信して導入した」

東江社長は、「煙が出ない」「ダイオキシンが発生しない」「高温での焼却能力」といった焼却炉の選定条件をチリメーサーがクリアしたことで導入を決めたようです。

稼働して約5カ月、現場の環境が良くなり、大幅なコスト削減、大幅な収益増に

「燃やすことによって容量は約10分の1の焼却灰になった。また、銅線や鉄は換金性もあり、容易に処分できている。溜まっていた産業廃棄物がドンドン減って、現場の環境が日に日に良くなっている。これで大幅なコスト削減、大幅な収益増になった。『トップのやる気』が出てきたし、従業員も意気揚々と作業している」 と東江社長。

台風銀座と呼ばれる沖縄で安全•安心なまちづくりのために、配電線路の地中化工事や変電所内のケーブル工事、離島の沖縄電力配電設備工事まで手掛けてきた東江社長は「トップのやる気」と「生きがいのある職場づくり」「事故は起こすな、起こさせるな」といったモットーを掲げ、創業約60年を迎え地元を代表する企業です。

取材日:2021年11月

チリメーサーがさらに小型化
小型焼却炉 CHIRIMESER Mini チリメーサー ミニ

チリメーサーがさらに小型化
価格を抑えお求めやすくなりました!!

製品ページを見る

株式会社 東江電気工事

株式会社 東江電気工事

東江電気⼯事は、昭和38年創業の電気⼯事会社です。主に地下ケーブル関係の電気⼯事業を中⼼に、街の景観と台⾵に強い街づくり、そして我々の⽇常⽣活に⽋かせない「電気の安定供給」に関わる事業で社会に貢献しています。

(住所)
〒904-0204 沖縄県中頭郡嘉手納町水釜6丁目5−18
(Googolemapを見る)

(連絡先)
TEL 098-956-2298

(ホームページ)
http://agariedenkikouji.com/

 

お問い合わせはこちら

無理な営業一切いたしません。お気軽にお問い合わせください。

製品についてのお問い合わせ・ご相談はお電話ください

098-989-5895

098-989-5895

受付時間 / 平日 8:30〜 17:30 (土日祝日除く)

受付時間外またはお電話できない方は、下記お問い合わせフォームをご利用ください。

お問い合わせフォーム