トマスのCSR社会貢献活動

トマス技術研究所の集合写真

我が社トマス技術研究所は、「技術を通した環境改善」という経営理念のもと、環境を良くするための研究開発・技術開発・製品開発を本業として行なっています。
一方で、本業とは別に、企業が果たすべき非営利的な社会的責任として、様々なCSR活動も同時に行なっています。

例えば環境を良くするためのビーチクリーン活動、次世代の日本を背負う子どもたちの人材育成活度として、小中高大学向けの講演活動、また小学校の子供達向けのバレーボール教室の開催、またSDGs活動などです。
その詳細を以下に記します。

ビーチクリーニング活動

私たちトマス技術研究所は、地元沖縄のNPO法人やボランディア活動を行っている方々とビーチクリーニング活動を行っております。

私たちの役割は、移動式の小型焼却炉「モバイル チリメーサー」で、海洋漂着ゴミを焼却処理をすること。小型焼却炉メーカーの技術を通して環境改善のお手伝いを積極的に行って参ります。

沖縄海岸保全団体 chura-mura様から、ビーチクリーニング活動で使用している移動式の小型焼却炉「モバイル チリメーサー」が紹介されました。

 

小中高大学向け講演

弊社トマスの福富代表は、自身が持つ知見や経験を、次世代を担う若人たちに還元しようと、小学校、中学校、高校、そして大学に赴き、講演活動を行っています。

講演依頼者様のご要望に出来るだけお応えするようにと、
①環境について
②キャリア育成について
③研究開発・技術開発・製品開発について
④海外展開について
⑤SDGsについて
⑥その他
このような異なる話題や分野の講演を行っております。

小学校・中学校については、「私たちの未来へ〜10歳になる君たちへ伝えたいこと~」をテーマにした出前授業を行っております。
この出前授業は、沖縄県工業連合会が将来を担う子どもたちに、地場産業への理解を深めてもらうことを目的に、企業経営者らによる学校での講演会や児童・生徒の会社見学会の受け入れといった交流事業を年間を通して行っており、その講師として派遣される形で、代表の福富が本事業に関わっております。

また、高校や大学向けには、直接弊社にお問合せ頂き、日程等を調整の上、講演を行っております。

名桜大学での講演(2022年3月14日) ※画像をクリックすると拡大画像が表示されます。

トマス技術研究所 代表取締役 福富 小中高大学向け講演の様子
トマス技術研究所 代表取締役 福富 県立高校での講演の様子

 

月刊コロンブス2022年3月号「島の産業力」掲載記事をご紹介

夢と根性と天職を持つ大切さを伝えたい!小学4年生の出前教室で特別講師に

下記、画像をクリックすると掲載記事が拡大して表示されます↓

月刊コロンブス2022年3月号「島の産業力」掲載記事

昨年12月7日(火)に、沖縄本島南部に位置する八重瀬町の白川小学校で出前教室が行われた。
その日、講師になったのは沖縄県のモノづくりを牽引する(株)トマス技術研究所(沖縄県うるま市)の福富健仁社長。テーマは「私たちの未来ヘ〜10歳になる君たちへ伝えたいこと~」で、4年生131名に自身の夢や仕事について話した。

「子どもたちにもっとも伝えたかったのは『夢を持つこと、あきらめない心、人のために生きることの大切さ』だった」という福富社長。自身は幼い頃、母親に読んでもらったトーマス・エジソンの伝記で「モノづくりで人の役に立つことは素晴らしい」と知り、小学生のときには兄とプラモデルづくりに熱中。大学の工学部に進学し、生涯の目標を「人の役に立つモノをつくる」ことにきめたという。

やがて福富社長が社会人になって感じたのは「沖縄の海のゴミや困りもののゴミをきれいにすることができれば、きっと社会の役に立つ」ということだった。そして四六時中、七転び八起の精神で研究開発に励み、人口の少ない離島でもCO2やダイオキシンをかぎりなくゼロに抑えながらゴミを燃やすことができる超小型焼却炉「チリメーサー」の発明にいたったという。

「この技術をベースにこれからも人の役に立ちたいという思いでモノづくりをつづけていきたい。まさにこれは私の天職だし、毎日が充実している」と福富社長は力強く話した。

出前授業の最後、福富社長は子どもたちに「小さな頃から甘やかされ育った子どもたちは、社会に出て困難に直面すると、すぐに挫折してしまい、会社を辞めてしまう。我慢したり、くじけずに繰り返し挑戦することが大事。だから最近では、夢を持ち、あきらめない気合いと根性を持ち、頑張っている外国人労働者を採用する企業が増えてきている。サァ、これから皆さんはどうしますか」と問いかけた。

沖縄のモノづくりの達人の体験談は子どもたちの心に残る宝となるに違いない。

補足
「私たちの未来へ〜10歳になる君たちへ伝えたいこと~」をテーマにした出前授業。 沖縄県工業連合会では将来を担う子どもたちに、地場産業への理解を深めてもらうことを目的に、企業経営者らによる学校での講演会や児童・生徒の会社見学会の受け入れといった交流事業を年間を通して行っている。

I want to convey the importance of having dreams, guts and vocations!

Became a special lecturer in the delivery classroom of the 4th grade of elementary school On Tuesday, December 7, last year, a delivery class was held at Shirakawa Elementary School in Yaese Town, located in the southern part of the main island of Okinawa.

On that day, the lecturer was Mr. Takehito Fukutomi, President of Thomas Gijutsu Research Institute (Uruma City, Okinawa Prefecture), which leads manufacturing in Okinawa Prefecture.

The theme is
“To our future-what I want to tell you who are 10 years old-" So, I talked to 131 fourth graders about their dreams and work.

He said, “What I wanted to convey to my children most was’having a dream, a heart that never gives up, and the importance of living for others.'"

President Fukutomi.
He himself was a biography of Thomas Edison, read by his mother when he was young.

“It’s wonderful to be useful to people in manufacturing."

When I was in elementary school, I was enthusiastic about making plastic models with his brother.

He went on to college engineering and set his lifelong goal to “make things that are useful to people."

Eventually, President Fukutomi felt that he became a member of society.

“If we can clean the marine debris and the garbage of troubles in Okinawa, it will surely be useful to society."

It was that.
Then, all the time, he worked hard on research and development in the spirit of seven falls and eight rises, and came up with the invention of the ultra-compact incinerator “Chilimaser" that can burn garbage while suppressing CO2 and dioxins to zero even on remote islands with a small population. That is.

“Based on this technology, I would like to continue manufacturing with the desire to help people.

This is exactly my vocation, and every day is fulfilling. “

Said President Fukutomi powerfully.

At the end of the delivery class, President Fukutomi tells the children “Children who have been spoiled since they were little are quickly frustrated and quit the company when they go out into society and face difficulties.

It is important to put up with it and try repeatedly without being discouraged.

Therefore, recently, an increasing number of companies are hiring foreign workers who have dreams, have the spirit and guts to never give up, and are working hard. What are you going to do now? " I asked.

The experiences of Okinawan manufacturing masters must be a memorable treasure for children.

supplement
“To our future-What I want to convey to you who are 10 years old-“
On-site lessons with the theme of.

The Okinawa Industrial Federation is an exchange project that accepts lectures at schools by business owners and company tours of children and students with the aim of deepening the understanding of local industries for children who will lead the future. Is done throughout the year.

 

課題解決「ひらめきが大切」八重山商工高校 トマス技研の福富代表が講和

やいまタイム 【南山舎】YouTubeチャンネル

八重山毎日新聞 八商工機械電気科1年 トマス技研の福富代表が講和
八重山毎日新聞 掲載記事

本日の八重山毎日新聞

課題解決「ひらめきが大切」
八商工機械電気科1年 トマス技研の福富代表が講和

八重山商工高校(新城英人校長、366人)は21日午前、トマス技術研究所=うるま市=代表取締役の福富健仁氏を招いて講和を開き、機械電気科の1年生29人が環境問題やエネルギーなどについて理解を深めるとともに、ものづくりを通した課題解決の方法を学んだ。同研究所は、煙を出さずに有害物質のダイオキシンを法規制の50分の1に抑える高性能の小型焼却炉「チリメーサー」を開発。

福富氏は、開発の背景にある離島の廃棄物処理や漂着ゴミ問題を説明、県内企業との連携とインドネシアでの事業展開を説明した。福富氏は「どんな人にもBeruf(天職・使命惑)があるが、自分の利益のためだけに働くのではそうはならない。人を幸せにしたいと思い、その意識を持った瞬間にBerufになる」と強調。

開発に至るまでの失敗や、風呂に入った時にひらめいた経験談にも触れ、課題解決のポイントについて「問題点の抽出と原因の追究、ひらめきが大切。イメージカ、考える力も必要」などと助言した。

同科電気コースの屋比久優太くん(15)は「チリメーサーについて知ることができ、勉強になった。問題が起きた場合でもそのままにしておかず、原因を突き詰めていける訓練を日ごろからしていきたい」と意欲を語った。

 

Today’s Yaeyama Mainichi Shimbun

Task resolution “inspiration is important"
Eight commerce mechanics machinery and electrical department 1 year Fukutomi representative of Thomas Giken peacefully

The Yaeyama Commerce and Industry High School (366 people, Shinjyuki Hideno principal) opened a peace invitation by Mr. Kenji Fukutomi of Thomas Technology Institute = Uruma City = Representative Director, and 29 first-year students of the Mechanical Electrical and Electrical Engineering Department were involved in environmental problems and I deepened my understanding of energy, etc., and learned how to solve problems through monozukuri. The institute developed a high-performance small incinerator “Chirimesa" that reduces the dioxin of harmful substances to 1 / 50th of legal regulations without smoking.

Mr. Fukutomi explained the waste disposal of waste islands in the background of development and the problem of garbage gathering, explained cooperation with companies in the prefecture and business development in Indonesia. Mr. Fukutomi said, “Every person has Beruf (Tenjin Mission / Mission Confusion) but it is not so if you work only for your own interests.I want to make people happy, and at that moment of consciousness, It will be. “

He mentioned advice about failures leading up to development and experiences inspired when entering a bath and asked questions such as “extraction of problem points and pursuit of cause, inspiration is important, image skill, power to think also is necessary" etc. did.

Yuta Haruhisa (15) of the department’s electrical course said, “I learned about Chilean Masters and I learned, I would like to keep training as long as possible even if problems arise, I will train the cause from the day." He told his motivation.

 

バレーボール教室

弊社トマスの代表福富は、中学、高校、大学、社会人、そして現在の50代マスターズに至るまで、ずっとバレーボールを続けています。

『起業して現在に至るまで、様々な困難に直面してきました。その困難を乗り越え、今があるのはバレーボールによって培われた「気合いと根性」があったから』福富は、その経験を、今の子供達にも伝えたいと思い、弊社トマス主催のバレーボール教室を開催しています。

バレーボール教室には、元オリンピック選手の䕃山弘道さんらを招いて、かなり本格的なバレーボール教室です。沖縄からも将来のオリンピック選手の輩出の夢と、バレーボールを通じた人財育成によって、将来の沖縄・日本を担う人を育てたい。その夢を目指しトマスは、バレーボール教室の活動を続けています。

バレーボール教室

 

トマス主催 小学生バレーボール教室

元全日本蔭山弘道さんと濱口純一さんによる、トマス主催の第二回小学生バレーボール教室
元全日本蔭山弘道さんと濱口純一さんによる、トマス主催の第二回小学生バレーボール教室[琉球新報 掲載記事]

 

先日の元全日本蔭山弘道さんと濱口純一さんによる、トマス主催の第二回小学生バレーボール🏐教室の内容が、琉球新報に掲載されました🤗。 浦添からバレーボール🏐のオリンピック選手を(๑・̑◡・̑๑)!!

新聞記事の内容

元五輪選手らが小中校生を指導 浦添でバレー教室 ソウル五輪バレーボール日本代表の蔭山弘道さん(51)と元Jリーガーの濱口純一さん(45)を講師に招き、3月31日に「Novoバレーボールクラブ子どもバレーボール教室」(主催:トマス技術研究所)が開かれた。会場の沢岻小学校体育館には市内の小中学生と関係者約120人が集まった。

「講師たちは基礎的な練習を中心に、レシーブの正しい姿勢や高くジャンプするための足の運び方などを指導。「気持ち、気持ち」と3時間みっちり子どもたちに声を掛け続けた。

レシーブ練習で子どもたちは元日本代表が打つスパイクに手を赤くしながらも、ボールを追い掛けていた。たくしバレーボールクラブの砂川世奈主将(11)は「強いスパイクが取れて達成感があった。バレーボールが大好き。友だちを誘って一緒にチームで頑張りたい。」と笑顔を見せた。

主催のトマス技術研究所の福富健仁社長は「五輪選手と触れ合ってチームメイトと特別な思い出をつくってほしい」と意義を話した。

 

The contents of the second grader elementary school volleyball school held by Thomas by the former All Japan Nihon Hiromichi Hiroyama and Junichi Higuchi were published in Ryukyu Shimpo.

Article

Former Olympic athletes teach elementary and junior high school students Valley class in Urasoe Japan invited Seoul Olympics volleyball representative Hiromichi Enoyama (51) and former J Leaguer Junichi Higuchi (45) as instructors, and on March 31st “Novo Volleyball Club Children Volleyball Class" (Organized by Thomas Technical Research Institute) Was opened.

Sawa Elementary School gymnasium at the venue attracted about 120 elementary and junior high school students and related people in the city.

“Instructors will teach the correct posture of the receiver and how to carry feet to jump high, focusing on basic practice.

“Feeling, feeling" kept talking to the children for three hours.

In the receive practice, the children were chasing the ball while reddening their hands with the spikes struck by the former Japan representative.

Sena Sunagawa (11) of Takushi volleyball club is “There was a strong spike and I felt a sense of accomplishment. I love volleyball.

I would like to invite my friends and work together in a team. " Showed a smile.

Mr. Kenji Fukutomi, President of the Thomas Technical Research Institute sponsored by “I want you to get in touch with the Olympic athletes and make special memories with your teammates."

And the meaning.

 

トマス バレーボール教室

経営セミナー

トマス技術研究所  経営セミナーの様子

弊社トマスの代表福富は、創業して20年の起業から現在に至るまでの経営実務の経験と、日本経営士会の経営士及び環境経営士の資格を持っております。

その知見と経験を自社だけのもの自分だけのモノにするのは良くない、若い起業家の育成、また経営に苦しむ経営者たちの力になりたい、と沖縄県産業振興公社主催での経営セミナーを実施しています。

月刊コロンブス2021年8月号「島の産業力」掲載記事をご紹介

沖縄県のものづくり企業の経営者がコロナ禍での経営の牽引役に

下記、画像をクリックすると掲載記事が拡大して表示されます↓

トマス技術研究所(沖縄県うるま市・代表福富健仁氏)は「沖縄の海をきれいにしたい。自然を守りたい」という企業理念で、CO2が限りなくゼロ、ダイオキシン類が法規制の50分の1で、漂着ゴミから廃プラや生活ごみまで焼却できる超小型焼却炉「チリメーサー」を開発した。そして、起業から17年、「チリメーサー」は沖縄県の離島のすべてで導入され、″ゴミの悩み″を解決している。

また、インドネシアの病院にODAで導入されたり、G20大阪の会場で日本を代表する環境製品として紹介されたり、コロナ禍にあって「チリメーサーmini」やトラックに搭載し、移動しながらゴミを焼却する「モバイルチリメーサー」、大型家具を焼却する「ファニチャーメーサー」などつぎつぎと新製品を開発しつづけている。それは福富社長以下、社員の一人ひとりがつねにお客の小さな声を聞き、それを製品開発に生かしてきたからだ。

そうしたトマス技研の活躍に注目した県産業振興公社から福富社長に「なぜ、このコロナ禍で活気のある企業運営ができるのか。トマス技研の活動を県内のコロナで苦しむ観光業や飲食業の経営者に伝え、コロナ禍に負けない、コロナ禍を乗り越える経営のヒントとして話してほしい」と頼まれたという。

そのとき福富さんの頭には「私が研究開発してきたのは、製品だけではなかった。社員皆が会社の理念を共有し、そのうえで製品知識を学びと販売マーケティングを習得するといったことを、社員と向き合いながらおこなってきたからではないか」と福富さんは思ったそうだ。

そして、「自分のやってきたことを人に伝えるにはこれまでの『経験』だけでは足りない。自分が持っている資格は技術系のものばかりだ」と感じ福富さんは「経営士」に挑戦し、このたび取得したという。今年9月にはさっそく沖縄県産業振興公社主催の経営セミナーで講師をつとめる。

沖縄県のモノづくり企業を理念で運営してきた福富さんが経営者として県内の活性化を牽引していくという。心づよい限りだ。

トマス技術研究所 代表取締役 福富健仁
「トマスのマーケティングを伝えることで、県内の皆さんの役にたてればうれしい」という経営士を取得した福富健仁さん

【2021年10月1日開催予定】沖縄県産業振興公社経営セミナー「コロナに打ち勝つための経営戦略とWEBマーケティング」

沖縄県産業振興公社経営セミナー「コロナに打ち勝つための経営戦略とWEBマーケティング」2021年10月1日(金)

 

トマスのSDGs達成への貢献活動

トマス技術研究所 SDGs 世界を変えるための17の目標

トマス技術研究所の使命「技術を通じて地球環境の改善」のために持続可能な社会にむけて新技術の開発にたゆまず取り組んでおります。その活動のひとつ『SDGs達成への貢献活動』をホームページから発信しています。

 

お問い合わせはこちら

無理な営業一切いたしません。お気軽にお問い合わせください。

製品についてのお問い合わせ・ご相談はお電話ください

098-989-5895

098-989-5895

受付時間 / 平日 8:30〜 17:30 (土日祝日除く)

受付時間外またはお電話できない方は、下記お問い合わせフォームをご利用ください。

お問い合わせフォーム

2022年4月2日