「チリメーサー」沖縄から世界へ❗️ 「ゴミのない島へ」がモルディブの夢❗️

コロンブス5月号の記事より

「チリメーサー」沖縄から世界へ❗️
「ゴミのない島へ」がモルディブの夢❗️
大活躍の「チリメーサー」注目の的‼️

創業21年、沖縄のモノづくりを牽引する「創業21年、沖縄県のモノづくりを牽引するトマス技術研究所(沖縄県うるま市:福富健仁代表)は「自然を守る。技術で社会に貢献する」を企業理念に、煙が出ない、ダイオキシンがほとんど出ない超小型焼却炉「チリメーサー」を開発し、沖縄県の離島全島に導入されてきた。
こうした実績が外務省から認められ、日本の対モルディブ草の根無償資金協力「ヌーヌ環礁ホルドゥー島ごみ管理施設整備計画」で、今年2月26日に沖縄から直線距離で約6000kmはなれたインド洋に浮かぶサンゴ礁の国、モルディブ共和国(英連邦加盟国)に導入された。

 そのセレモニーの様子が情報発信された直後から大反響を呼んだという。

トマス技研担当の小牧稔仙さんは

「この4月初旬までに1 日30件、約1200件以上の連絡があり、すでに6件の導入申し込みを受けています。また、25カ所のリゾートホテル、16カ所の住民島からも問い合わせがあります。モルディブのゴミ問題は大変深刻で、人々はどうにかしたいという想いが強かった。でも、という想いが強かった。でも、解決するための施設や機械が整っていなかったということが、この反響からよくわかりました」

と話した。

モルディブは1192の小さな島や環礁からなり、全島をあわせても東京23区の約半分の国土だ。

観光がGDPの22.5%(22年現在)を占める。

また、 1 島1 リゾート計画に基づき159島がリゾート島だ。

 「チリメーサーの導入費捻出のためにはリゾート島より、住民島の方が国の補助が必要になると思います。今後、在モルディブ日本国大使館主催での焼却炉の引渡しセレモニーなどを通して、さらに「チリメーサー」のゴミ処理能力を知ってもらい、ゴミ問題解決に、チリメーサーの普及を実現させたい」

と小牧さんは意欲満々。

 6月には、トマス技研のエンジニアマネージャーのアガムさんがモルディブ駐在員としてメンテナンスとマーティングを担当するという。

「きめ細かい運用を心がけたい。また、一人でも多くの方に『チリメーサー』の性能や実力を知ってもらえるように努めたい」

と意欲的だ。

お問い合わせはこちら

無理な営業一切いたしません。お気軽にお問い合わせください。

製品についてのお問い合わせ・ご相談はお電話ください

098-989-5895

098-989-5895

受付時間 / 平日 8:30〜 17:30 (土日祝日除く)

受付時間外またはお電話できない方は、下記お問い合わせフォームをご利用ください。

お問い合わせフォーム

2024年6月7日海外事業